ペット保険..必要だったかなぁ~。

エッセイ

我が家にはもうすぐ15歳になるイヌがいる。イヌも高齢化になり人間同様に様々な病気になり医療費も半端ない。家族の一員だから手間暇かけて育て上げ、今じゃ誰よりも大事にされている我が家のイヌ。深く考えもせず、いや真剣に考えて、保険を掛け始め14年。来年になれば15年になる。

ちょっと考えてみてね。最期まで面倒をみれるかを

イヌやネコなどの動物を飼うときにどのぐらい真剣に先のことを考えているだろう。恥ずかしなら我が家は深く考えずイヌとの生活を始めた。たぶん似たようなケースが多いのではないだろうか。
イヌやネコは個体によって様々ではあるが、15年以上生活を共にすることも珍しくない。

一番重要なことは、最期まで面倒を見ることができるかだと思う。私たちの生活環境もどんどんと変わっていく中で対応していけるかが重要。体調が悪くなったときに動物を病院に連れていったり、栄養のある食べ物を与えてあげられるか、ある程度快適な環境を与えてあげれるか。

ペット保険いるかな?貯蓄しておくほうがいいと思うよ。

保険はもとをとりにくいな。14年ペット保険を掛けてきての感想です。
基本的に若いときは病院にかかる事は少ないから、費用もそんなに掛からない。その時に保険分として貯蓄をしているとシニアのときの病院代の費用になると思うよ。
人間と同じよね・・。気づくのが遅かった。今となっては保険はお守りになっています(笑)

我が家の家族、モモは大病をしてきていないというのもありますが、それでもシニアになると病院にお世話になる回数も多くなるのですが、それと同時に保険料も年々上がってきます。病院窓口での支払い+保険料ですからそれなりの費用が掛かります。

モモは現在(14歳) 年間保険料+病院窓口での支払い=約25万~30万 特別検査などは別
この他にフード代、衣装代(これは飼い主の趣味) かわいい洋服着せたいもん☺

人間とまったく同じです。

それでも価値のある動物との共有時間

モモがいると色々なところに一緒に遊びに行きますし、子供たちの成長にも大きく影響を与えてくれています。子供たちとお母さんの取り合いもしたもんね~ (*’▽’)

モモがいなかったら行かないであろう観光地や公園にもよく行き、外出の機会を得られます。家の空気を変えてくれる不思議な力があり、家の空気がいつも動いています。
動物と一緒に生活をしている人ならばピンとくるのではないかなぁ。

一緒に生活をしてくれている事に感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました