働き方は一つじゃないよ。自分らしい環境で働けるといいね。

エッセイ
もも
もも

今はいろんな働き方が選べるようになってきているよね。

会社に属してストレスを感じながら生活をするのはイヤだなって
2号が言ってるよ。

きき
きき

そうね~。
確かに絶対に会社に入って働くしか選択肢がないわけではないよね。
でも何をして生計を立てていくかは考えないといけないよね。

どんな仕事をしていこうかと毎日悩む2号

2号はどんな仕事に就こうかと日々悩んでいる。悩みはじめて3年ぐらいになる。

憧れる仕事はあるものの、憧れと現実は別物らしい。漠然とした憧れだけでは過酷な資格取得勉強や就職活動を突破するのは難しい。2号は厳しい指導などに耐える精神力は持ち合わせているが、歪んだ人間関係を受け流して平然としていることが苦手。

そしてお人よしから自分のキャパオーバーなことを引き受けてしまう。困ったものだ。だから負の空気が流れている場所などは苦手なのである。
強くなるしかない。目標が決まれば進んでいく力は持っているので期待しよう。

私の若いころはネットなどもなく、人間関係がストレートだったようにおもう。
イヤなものはイヤ。好きだから友達だから一緒にいる。単純だった。

話を聞くと今はとっても複雑そう・・。もしかしたらコミュニケーション能力は昔より必要なのかもしれない。どうなることやら。がんばれ2号。

毎日会社に出勤する必要のない生活

コロナが社会に蔓延してからはリモートワークで仕事ができるようになってきていた。

コロナが収束しつつある現在は、少しずつリモートワークとしての働き方が減少してきているとニュースで流れてきている。残念だなあと思おう。

自由な場所で必要以上のストレスを受けない働き方が出来ることに憧れる人は多いはず。以前の体制に戻るのでなく変化したのだから、柔軟に自由に選択して働ける環境がある会社は魅力的。そんな会社はどのくらいあるのだろ。

期限を決めて働く

最初から自由に働く環境を手に入れるのは難しいかもしれない。だから最初は社会を知る意味でもどこかの会社に属して、期限を決めて働く。その間に3年後、5年後の準備をするのも一つだと思う。

働いていみて、そこが心地よかったら働き続ければいいし。

今の私ならばそれでも保険をかけて何かを探しておくけどね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました